〜ジャイロキャプテンの日常と非日常〜
いずれにせよラッキー

天気:雨


◯デカい車を売り払って小さい車を手に入れる算段の途中、中くらいの車が代車としてやってきてたけどスタッドレスが付いていなかったので急遽スタッドレスを履いた馬鹿デカい車がやってきて、小さい車は納車のための準備に入っているが、土曜日は木目のツアーの為、程よい大きさの車をケンジから借りる予定だ。


◯つまり、大→(小待ち)→中→特大→(小準備中)→程よく大、と覚えれば良い。または覚えなくても良い。


◯赤ワイン。


2017/12/02(Sat)
嶋本大吾企画唄会『六弦夜唄 14』
@新潟市中央区古町 Kaffa Parme
Open 19:00
Start 19:30
Adv Ticket 2,000円(+1Drink 付)
Act)
井口隼人
木目のジャイロ
嶋本大吾


※予約制のため、事前にご連絡ください





BAND comments(2) -
ラスト

天気:気温-1℃


◯秋田のバイク乗りはそろそろ限界かな?まだ乗れるかな?


◯シンプソンのメットは口のところがただのスリットなので、どんなに厚着してても顎の感覚がおかしくなるよ。


◯あったかいものを飲んだらもう少し走れる。

BAND comments(0) -
デカい音が鳴る謎のアンプが有ります

天気:県南は凄く雪が多かった


◯昨晩は丸の内ブランズハッチというところで初めてライブをしたんだけど、ホームみたいに暖かかった。ありがとうございました!


◯スマホの画面がいつのまにか割れてたのを除けば文句なくいい日だったんじゃない?


◯赤ワイン。

BAND comments(0) -
イチゴと音はでかい方が良いと思ってた時期がありました
天気:さむい

○サクランボ、デラウェア、イチゴ。巨大化すれば良いのにと個人的に思う3大好きな果物だ。



○思ってたのとなんか違った。

○スタジオ。レコーディングなどが続いたので、久しぶりのバンド活動だ。いつものことだけど、録音すると色々見えなかったものが見えるので、バンドで合わせた時にカチッと決まる。

○ワイン。

BAND comments(0) -
珍道中
天気:日本海側と太平洋側はだいぶ違う

○色々な事がありました。

○出発早々、吹雪の為時速50キロで仙台へ。しかし木目のメンバーは水曜どうでしょうのDVDに夢中のご様子。

○もうすぐ仙台宮城ICという所でジャイロモービルがオーバーヒート。水を足したり途中で止まってエンジンを冷やしたり、騙し騙しなんとか到着。しかし木目のメンバーはゴッドタンのDVDに夢中のご様子。

○多少、というか結構辿り着くだけで疲れたが、木目のメンバーはリハ後の牛タンに夢中のご様子。

○本番はもちろん楽しかった。完全に壊れた車をケンジが積載車で引き上げに来てくれた事ぐらいしか問題の無いライブだった。

○ケイさん、カトーくん、そしてスリム、THE PLASTIC SOULの皆さん、JUG JUGうまっ仔の皆さん、THE JOHNSTER QUARTETの皆さん、また一緒にね。

○携帯が壊れて仙台で交換となりまして、思い出の写真が全て消滅したけど、木目のメンバーはラーメンに夢中のご様子だった。



©Yusa
BAND comments(3) -
手芸


天気:月が綺麗

○アコギのケースが壊れてしまったので、適当に縫う。

○ウクレレを触らせてもらう。楽しいので一本買おうかなあ。

○一番搾り
BAND comments(0) -
滑出
天気:雪がぎゅもぎゅも鳴る

○秋田県内は総出で雪掻き。おじいさんも子どもも。白い息と汗の湯気。

○週末、土曜日は四階でgyro-captain、日曜はスウィンドルでniwaのライブがあります。毎年恒例、ゲームオブデスカバー大会。

○どの位のスパンで人生を捉えるのが正解なのか、そもそも正解の人生が何なのか答えられる人は稀だと思うけど、とりあえず今年も相変わらず素敵だ。

○プレミアムモルツ。

BAND comments(0) -
面倒なのは機材を運び込む時で、まだ日が高い最中に夜のためにゴソゴソと動き始めるのも非常に現実味が無い。
昼のライブハウス、特に地下に有るような場合は、リハーサルをしている時に何だか変な気持ちになる。外は明るく、地下で何やら悪巧みをしている感じだ。

リハを終え、地上に出るとまだ世間は絵に描いたような日常。赤ちゃんも年寄りも普通に活動中の中、一仕事終えたような気持ちでビールを少し飲む。

夕方、今日はたくさん観にきてくれる人がいるだろうか、つまらないミスはしたく無いな、などと考えながら楽屋で出演者の皆と他愛も無い話をしながら、腹が減っただの酒をもう少し飲もうだのと、各々のペースで本番を待つ。ずっと楽器を弾いて居る人も居るけど、そんな人は実は稀だ。

イベントが始まると、何となくフロアの様子を見たり、セットリストのメモを取り忘れていた事に気づいたり、楽屋の落書きが増えた事に気づいたりしながら、あまり飲み過ぎ無いように気を付ける。大抵この時、SEをPAさんに出し忘れて居る事を思い出す。

出番前、転換時にステージで楽器の準備をして居る時はだいたい不安な心持ちになる。タバコを吸ったりするためだろう、フロアが閑散として居るのが常だからだ。リハーサルからたいして時間が経っていないのにチューニングが盛大にずれているのも何だか不安だ。ピックは、ストラップは大丈夫かな?

本番のステージ上はほぼ暑い。出番を終えた出演者とすれ違う時、お疲れ様と声を掛けながら、今日のステージは暑すぎるなどと事前に聞かされるけど、暑いのはいつもの事だって実は皆知ってる。

本番は正直。準備の度合いがそのまま現れるだけ。

楽屋に汗だくで戻ると、お疲れ様と声をかけられるけど、やっぱり良かったと言われるのは今だに照れ臭い。ありがとうと言うのが正しいのか、そんな事無いよと言うのが正しいのか分からないけど、嬉しいのは確か。

最小限の片付けをすると、すぐビールを飲む。うまく行った日も、そうでなかった日も。

そして、感謝する。いつも感謝する。今日のために集まった、演者とお客さんとスタッフと、こんな日を送れる事に。

ありがとう。
BAND comments(2) -
天気:吹雪

○スタジオ。12/29土曜日は、秋田クラブスウィンドルで忘年会ライブなので、そのリハーサル。

○今年も色々演ってきましたが、うまい具合に〆られたらいいなと。

○秋田はとても寒いですが、時折どうしようもなく愛しくなる時があります。一度足を運んでみてください。

BAND comments(0) -
天気:雪

○日曜日、CLUB SWINDLEでわっさんず企画に参加させてもらった。

○サプライズでMad Dog'n'rollをカバーしてもらい、光栄に思う。ステージ下から、何だか不思議な気持ちで眺めてた。

○どこに立っているのかもう一度足元を確認する年末。

○クリスマス。うちの犬はMad Dogとは程遠い。新しいおもちゃをもらって嬉しそうな事といったら!
BAND comments(0) -
| 1/168 | >>